色でインテリアにアクセント

→ ルンバを買うなら保障・サポート万全の国内正規品を。<公式サイト>

色でインテリアにアクセント薄い色や明るい色は、実際より物を大きく見せるので「膨張色」といいます。純色の黄緑、黄、橙、赤なども膨れて見えるので「膨張色」とされています。


黒や紺色は、実際よりも収縮して見え、服を着た場合にはスマートに見えますね。これらは「収縮色」といいます。


壁紙やカーテンなどの面積の広い部分に「進出色」や「収縮色」を使うと、部屋が狭く見えてしまいがちですが、存在感を強調したり、インテリアのアクセントとして使う場合は、「進出色」や「収縮色」が効果的です。


色の性質を活用して、壁や天井、カーテンには淡い色を選び、家具には、黒や茶色など引き締まる色を適度に使うことで、空間にメリハリ感が生まれ、奥行きと動きを感じさせる、広がりのある空間になります。

スポンサードリンク
タグ : ,

関連記事

  1. インテリアスタイルを決めよう
  2. わが家のインテリアスタイル
  3. 部屋を広く見せるテクニック ~空間~
  4. 回遊性を作ろう
  5. 部屋を広く見せるテクニック ~色~
  6. 部屋を広く見せるテクニック ~柄~
  7. 部屋を広く見せるテクニック ~照明~

TOPPAGE  TOP 
フィード