部屋を広く見せるテクニック ~色~

→ ルンバを買うなら保障・サポート万全の国内正規品を。<公式サイト>

部屋を広く見せるテクニック ~色~部屋全体の色使いもとても大切です。


人も、洋服の色で太って見えたり、痩せて見えたりがあるように、インテリアや空間にとっても色は重要な要素です。


同じ面積、天井高の部屋でも、色使いによって実際より広く見えたり狭く見えたりするのは、視覚効果によるものです。


色と一言といっても、「明度」「彩度」「進出色」「後退色」「膨張色」「収縮色」と、いろいろな尺度で色を分けることができます。


詳しくは省きますが、色には空間を広く見せる色、狭く見せる色があることを理解しておきましょう。


壁や天井、床などの色の「明度」が高く明るい部屋は、実際よりも広く感じ、「明度」が低いと狭く感じます。色には、実際の位置より近くにあるように見える「進出色」実際の位置よりも遠くにあるように見える「後退色」があります。


部屋の中に「進出色」がたくさんあると、部屋が狭く感じ「後退色」がたくさんあると、部屋が広く感じられます。部屋を広く見せるには、壁紙やカーテン、ソファーカバーなど比較的広い面積を占める部分に、淡い色や白などの明るい色や寒色系を用いると良いでしょう。


また、床から壁、天井と向かうほど、淡い色の割合を増やしていくと、広がりのある空間づくりに効果的です。

スポンサードリンク

関連記事

  1. インテリアスタイルを決めよう
  2. わが家のインテリアスタイル
  3. 部屋を広く見せるテクニック ~空間~
  4. 回遊性を作ろう
  5. 色でインテリアにアクセント
  6. 部屋を広く見せるテクニック ~柄~
  7. 部屋を広く見せるテクニック ~照明~

TOPPAGE  TOP 
フィード