収納場所を考える

→ ルンバを買うなら保障・サポート万全の国内正規品を。<公式サイト>

リビング収納場所を考える「よく使う物は、すぐ手の届く所に収納場所を作る」が基本です。


すぐ手の届く所に収納場所があれば、後片付けも簡単にできるはずです。だからと言って、あっちにもこっちにもと収納場所を作るのは、お勧めしません。なぜなら、収納するための家具などが増えれば、掃除が大変になるし、部屋が狭くなってしまいます。


わが家は、ダイニングテーブルのすぐ隣がカウンターなので、カウンター下収納を設置しています。ここには、テレビのリモコン、パソコンからゴミ箱、よく使うハサミなど、様々な物を収納しています。私の座る位置は、カウンター収納のすぐ脇、対面には主人となっていて、それぞれの引き出しを決め、それぞれ必要な物が収納されています。


ダイニングテーブルに座った状態で、日頃使う必要なものはほとんど揃う状態です。移動距離などありませんから、片付けもすぐにできます。


ソファーの前のラグのところでオムツ替えをするので、ソファーの下の空きスペースを利用して、赤ちゃんのオムツやお尻拭き、ティッシュボックスなどを、カゴに入れて収納しています。ソファー下なので、普段はほとんど見えません。


オムツ替えは寝転がせるので、私自身も屈みます。ちょっと手を伸ばせばすぐにオムツなどが取り出せ、使い終わったら、すぐにしまうことができます。


生活の動線を考えて収納する位置を決めれば、時間も有効的に使え、どこに何が収納してあるのかわからなくなることもなくなりますよ。


日頃よく使う物をリストアップしてみると、あまり使わない物がすぐ近くに収納されていて、場所をとっていることもあります。一度、リビングの収納場所について考えてみることをお勧めします。

フィード